おーしまは語りたい。

ごめん、また語ってしまった。

会社に文句言っても無駄ということが分かった

みなさんこんにちは。

おーしまです。

 

会社で働き始めて、8ヶ月くらいがたったでしょうか。やっぱり会社に勤めていると、理不尽なことや、納得出来ないことが、ポツポツと出てきます。

例えば、

「完全週休二日制

学生の頃、会社調べをしている時に、「週休二日制」と「完全週休二日制」の違いとかを見て、「完全週休二日制」の方にしようとか考えて、選んでいました。

今の会社は、「完全週休二日制」と書いてあったのですが、結局、土日も出勤する日はあって、週に2日休みが無かったりしています。

 

こういうことで、入社したての頃はよく上司に

「完全週休二日制って書いてあったじゃないですか?」

とか言っちゃってたんですけど、今になって思えば、全部無駄な行為でしたね。

 

話は聞いてくれますが、ちょろまかされるのがオチです。

上司の言い分としては、

「言ってくれれば、休みに出来ないこともないけど、人が足りない時はちょっと難しいなあ」

って、なんの解決にもなりません。

 

だって、人が足りる日なんて無いですし、常に仕事に追われているからです。

 

べつに、休みが無いとかの他にも色々と言いたいことはあるのですが、全て上司に同情を誘われて、結局解決しないことが多いです。

 

上司だって、そのさらに上司から命令され、働いているわけですから、多少の融通は効くかもしれませんが、仕事をやり遂げないといけません。

 

そこへ、私達の意見を貫き通して、仕事が間に合わなくなると、上司が叱られ、責任を取らされます。上司は見ていると、余裕なんてありません。

 

このように同情してしまい、結局言われるがまま働くのです。

 

余裕がないことが問題なのですが、余裕がない故に余裕がない問題も解決できないままです。

 

きっと何年も前からこのような感じなのでしょう。

 

会社なんて結局

やるしかなくなった時にしか、やりません。

 

会社が回らなくなれば、そこでやっと解決策を本気で考えると思います。

 

でも、社員は回らなくなることを恐れて、どんだけ残業しても、土日出勤しても、なんとしてでも会社を回します。

 

それで解決策は生まれないまま、社員の疲労、不満が溜まるジレンマ。

 

もう、会社に何も望みません。

結局、自分が悪いのです。

変えられるのは自分しかいないのです。

そう思って生きていきます。

 

 

ここはどこ おれはだれ それに近いものがあんだよ 始めようとした奴らも迷い始めてる 怖がらせないでよ そりゃ甘くはないけど まだまだ 夢見ていい世界なんでしょ {UVERwould「ハイ!問題作」}